養護原理

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数311
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    養護原理

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養護原理
    レポート設題1施設養護の機能と内容について述べよ。
    レポート設題2施設で用いられる個別援助技術(ケースワーク)について述べよ。
    期末試験設題
    施設養護に携わる職員の資質について
    レポート設題1施設養護の機能と内容について述べよ。
    Ⅰ.はじめに
    社会的養護を必要とする児童(要養護児童)については、児童福祉法第6条の3において、「保護者のない児童又は保護者に監護させることが不適当であると認められる児童」と定義されている。
    Ⅱ. 施設での生活指導の主なねらい
    施設における養護機能の中心は、生活指導である。生活指導の主なねらいや目標は次の通りである。
    1.情緒の安定
     子どもに対して、暖かく受容しふれあいを深め自信を回復させて、児童本来の姿に戻すことにある。精神的打撃や心の葛藤への働きかけと家庭的雰囲気作りが大切になる。
    2.身体的成長と健康を守り育てること
     健康であるときはじめて心身ともに健やかな成長がのぞめる。保健衛生と安全対策には万全を期すことが必要である。
    3.基本的生活習慣の形成
     児童の年齢に応じた基本的生活習慣の確率により、彼らの生活行動の進展をはかる。
    4.好ましい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。