法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数77
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    法学Ⅰ(憲法)
    レポート設題
    憲法の定める自由権(特に精神的自由)について述べよ。
    レポート設題
    憲法の定める自由権(特に精神的自由)について述べよ。
    Ⅰ.はじめに
     自由権とは、国家権力の不当な干渉を排除して、国民が自由に考え活動できることを国家に請求できる権利であり、近代憲法の中で重要な位置を占めるとともに、現在の日本国憲法の中でも中核的な位置を占めている。
     基本的人権は、人間が人間として生まれながらに当然にもっている権利であるが、絶対君主制や権力集中制の政治が行われていた時代には、国民の自由は抑圧され、身分の違いによる不平等があった。
    しかし、17・18世紀に入ると、世界各国において、人間は皆生まれながらに自由と平等の権利をもっているという自然権思想が支持されるようになり、権力による人権の抑圧を打破しようとした。
    その結果、1775年にアメリカ独立戦争・1789年にフランス革命が起きたことにより、1776年にアメリカ独立宣言・1789年にフランス人権宣言が発表され、基本的人権の思想から、自由と平等を獲得していった。このような歴史の背景において、自由権は成立したのである。
    わが国..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。