心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数92
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心身障害児・者に共通する心理的問題は何か述べよ。
    Ⅰ.はじめに
     心身障害児・者はいろいろな観点から定義することができる。この代表的な観点には統計的規準と生活的規準がある。
     統計的規準は、「知的・身体・社会的面で平均値にある普通児・者からはずれていて、その能力を最大限に発達させるためには、学校での教育をいろいろ変えたり、あるいは特別の教育を必要とするような範囲にある人たち」としている。
     また生活的規準では、「心身障害児・者とは生活や学習の妨げとなるような機能障害や喪失(形態不全も含める)を持つ人々」または「生活や学習にとってハンデ(障害)となるような心身の機能障害を持つ人々」としている。
     この考え方に立ち、心理障害児・者の共通する心理的問題である不安と劣等感・欲求不満とこれに対応する援助・指導について述べる。
    Ⅱ.不安
     不安は、漠然とした恐れ、心配の事で心身障害児・者だけではなく、健常児・者や他の障害児・者も持っているのである。
     心身障害児・者は、健常児・者と共通して認められる一般的不安のほかに、独自の不安がある。以下にその要因、身体的傷害、環境からの要求、新しい環境、比較的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。