社会変動の要因について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数501
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会変動の要因について述べよ。
    Ⅰ.はじめに
    私たちは、身近な家族や地域社会からグローバルな政治・経済まで、さまざまな社会状況が大きく速く変化する時代に生きている。その変化は、一方では私たちの日々の意識、行為、あるいはコミュニケーションの変化として現れ、他方では政治・経済体制、社会制度、社会階層などの変化として現れる。
    社会学では、ミクロな人間関係からマクロな体制や制度まで、社会の諸部分の関係のパターンがある程度一定に保たれる場合に、それを社会構造(social structure)と呼び、社会構造に一定の変化が生じる場合に、それを社会変動(social change)と呼ぶ。
    Ⅱ.社会変動の要因
    社会変動を分析する際には、①社会変動の担い手は誰か、②社会変動をもたらす要因は何か、③現在の社会は、将来どのような社会になるのかといったことに焦点が当てられる。①は社会変動の主体の分析であり、②は社会変動の要因の分析であり、③は社会変動の趨勢の分析である。ここでは、社会変動の趨勢について、社会学史を飾る人々がどのように論じてきたかを紹介する。
    社会学という学問の名づけ親であるA.コントは、社..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。