ライフサイクルの変化と高齢者福祉について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数373
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ライフサイクルの変化と高齢者福祉について」
    1.はじめに
     近年わが国は、世界的にも類を見ない速さで高齢化が進んでいる。総務省のまとめによると2008年9月現在、65歳以上の高齢者率は22.1%となり、その人口は全人口の2819万人にもなり、75歳以上は初めて1割を超えたのである。
    また厚労省によれば、2008年9月末時点で100歳以上のお年寄りは過去最高の3万6276人と前年より3981人増えたのである。45年前は、100歳以上が153人だったことを考えると、いかに急激に高齢化したかが分かる。
    わが国の高齢化率を先進国と比べると、急速なのが分かる。総人口に占める65歳以上の割合を高齢化率といい、これが7%だと高齢化社会といわれる。
    そこで7%からその倍の14%に達するまでの期間をみると、フランスが115年、スウェーデンが85年、英国が47年かかったが、日本はわずか24年間だったのである。高齢化は今後も止まらず、今世紀半ばには2.5人に1人が高齢者となる。
    また一方で、わが国の14歳以下の人口は1718万人と少子高齢化傾向が顕著になり、少子高齢・人口減少社会が始まり、すでに高齢社会と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。