社会福祉とは何かについて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数4,945
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.「社会福祉」という言葉の意味について
     社会福祉とは、経済的には資本主義体制、政治的には民主主義体制をとる都市型社会において、市民の権利としてその自立生活、自己実現、社会参加を支援し、社会の統合と安定を達成維持することを目標に、自治体政府(市町村)を基軸に、広く公私の個別的、組織的な参画によって展開される社会的方策、制度の体系である。
    2.社会福祉制度の展開
     日本の戦後、社会福祉制度はGHQ(連合国軍総司令部)の指導のもと、1946年に①無差別平等の原則②公私分離の原則③救済の国家責任④救済額を制限しない、という「福祉4原則」を打ち上げた。
    ①福祉三法
    日本国憲法第25条で、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」とうたわれ、その第2項では、「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と定めている。これは、生存権といわれている。
    この生存権に基づき、復員軍人や遺族、生活困窮者の経済問題に対処するための、「生活保護法」が施行された。また、1947年には戦争孤児を対象とした、「児童福祉法」が制定され児童..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。