人格の諸理論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数956
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    測定性格理論個人意識変化人格理解特徴行動

    代表キーワード

    人格の諸理論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人格とは、その人個人の行動や思考を特徴づけている一貫性と持続性をもった、心身の統一的な体制のことである。そしてその体制は個人の成長と共に絶えず変化・発展を繰り返していくのである。以降、「人格」の記述の基礎となる理論について、説明した3つの諸理論を述べていく。
    〈類型論〉類型論とは、性格をいくつかのタイプに分類し、どのタイプに属するかによって、その人の性格をつかもうとする考え方だ。こうした類型論をより科学的に研究したのが、クレッチマーである。彼は精神病の病型と体型との間に相関関係がある事に気づき次のように分類した。細長型=分裂気質、肥満型=そううつ性気質、闘士型=粘着気質である。シェルドンは体型..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。