「バリアフリー」と町の景観について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,397
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    バリアフリーとは、「バリア(障壁)」と「フリー(自由な、開放された、除去する)」を組み合わせた造語で、一般的には障害者が利用する上での「障壁がない」という意味で使われる。バリアフリーは、特に日本において広く普及し、発展・拡大解釈されている用語である。
    英語では、設備やシステムが広く障害者や高齢者などに対応可能であることを指して「アクセシビリティ」という用語が頻用されるのに対して、「バリアフリー」は建物の段差を取り除くことなどのみを示す認知度の低い用語である。
    歴史的には1960年代以降、アメリカで身体障害者に対する建築物等における物理的な障壁を排除するという意味で広まった。もともとは建築用語と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。