これからの社会福祉と福祉教育について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,198
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    近年までの日本の社会福祉は、何かしら特別視された人、貧しい人、恵まれない人、身体の不自由な人というように社会的、ハンディキャップをもった特定の人に施しを与えるというものであった。
    しかし、現在の福祉は国民全体が対象であるという考え方に変化してきているため、福祉サービス抜きに利用者の生活は成立しないくらい、利用者が生きていく上で必要不可欠であり、それは水や空気のようなもので、もはや福祉サービスは当たり前と言っていい。
    そして、福祉へのニーズは多様化し、それに応える優れた資格をもった福祉人材が求められる。近年は、高齢者が短期間で急激に増加し、今後も出生率の低下、平均寿命の伸長などから老年人口は増加..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。