面接技法について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,962
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    技術援助面接理解聞くこと態度相談姿勢

    代表キーワード

    面接技法

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    面接を行うソーシャルワーカーには、より強い信頼関係をつくって的確に状況を把握するために、面接を受ける人の話を「傾聴」(その人の話しを熱心に聞くこと)することや、相手を、「受容、共感、理解」する姿勢が必要とされる。
    人の相談にのるということは特別なことではなく専門職にしかできないことではない、人としての真摯な態度が基本にあれば、誰もが良き相談者となり得る。だが、専門的立場で援助に携わる場合は必ず責任が生じ、必要な知識や技術をベースに持った上で、まず人として関わる、という態度が必要である。
    しかし、ソーシャルケースワークの原理原則をきちんと理解せず、面接場面の技術に捉われてしまうと、利用者の声を聞..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。