リハビリテーションに関わる生理と病理【筋の代謝について】【PT理学療法・OT作業療法】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数268
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    筋の代謝について
    1.栄養素と栄養素の物質代謝⁴⁾⁵⁾
      我々の人体は,様々な栄養素を食物の消化・吸収によって取り入れ生命活動を行ったり,生体構成成分の
     維持を行っている.以下に,主要な栄養素の物質代謝について述べる.
    また,糖質(炭水化物)・蛋白質・脂質は三大栄養素と呼ばれている.
     (1)消費と貯蔵
      ①糖質(炭水化物)
       最も一般的なエネルギー源で,通常の食事で摂取する熱量の半分以上を占める.食物中の炭水化物は,
    主に六単糖が合わさったものであり,その中でも重要なものは,グルコース・ガラクトース・フルクト
    ースである.
       グルコース
    消化管で吸収され,そのまま組織で利用される.血糖として全身に供給され,中枢神経のニューロン
    赤血球のエネルギー源となる.
        *食物に由来する余分なグルコースは,肝臓や筋にグリコゲンあるいは脂肪として貯蔵される.
    ガラクトース・フルクトース
        これらのアミノ酸はグルコースに変換され,血糖として全身に供給され,主なエネルギー源となる.
      ②蛋白質
        生命の維持に最も大切な物質で,細胞の構成要素・酵素・ホルモンになる.蛋白..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。