リハビリテーションに関わる生理と病理【痛み】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数13
閲覧数283
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【痛みの定義】
     痛み.実際もしくは潜在的な組織の損傷に伴う,あるいはこのような損傷との関連において述べられる,不快な感覚および情動的な経験.(Pain6,248-252,1979から引用)
    1.痛みの分類
    表1 痛みの組織別分類⁵⁾
    体性痛 内臓痛 表在性痛覚
    (皮膚) 深部痛覚 内臓性痛覚 筋肉 骨 関節 結合組織 痛みの種類 刺すような痛み(速い痛み)と,しばしばそれに続く焼け付くような痛み(遅い痛み). 鈍痛 左に同じ 左に同じ 左に同じ 鈍痛,疝痛 局在性 速い痛みは局在性があり,遅い痛みは局在性に乏しく,空間的広がりを持つ. 一般に局在性が乏しく,周囲に拡散する. 左に同じ 左に同じ 左に同じ 左に同じ 原因になりやすいもの 外傷性,炎症性 外傷性,炎症性,血管性 外傷性,炎症性,悪性腫瘍性,退行変性 外傷性,炎症性,代謝性 外傷性,炎症性 炎症性,潰瘍性,機械的因子,血管性,呼吸性,代謝性,悪性腫瘍性,中毒性 例 損傷,熱傷など スポーツ外傷・障害,筋膜疼痛症候群(いわゆる肩こり)など 骨折,骨粗鬆症,骨肉腫など 慢性関節リウマチ,脱臼,痛風,捻挫,関節炎,五十肩など ス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。