理学療法概論Ⅱ【PT理学療法・OT作業療法】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数697
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PPT概論Ⅱ
    <脳血管障害(CVA:CerebroVascular Accident)>
    1.疾患の特徴
    脳血管障害は脳出血と脳梗塞(脳血栓&脳塞栓)に分けられる。
    ・脳出血は頭蓋内出血のうち脳実質内の出血である。原因は高血圧による動脈瘤の破裂,アミロイドアンジオパシーによる動脈瘤破裂などがあり、高齢者に多い。好発部位は血行力学的な負荷がかかる中大脳動脈から穿通枝が分岐する部位である被殻や視床に多い。
    ・脳血栓は閉塞部位の動脈において血栓が形成され、閉塞部の末梢の脳が壊死に陥る。原因は動脈硬化による動脈内壁の荒廃と狭窄などである。好発部位は中大脳動脈はアテローム血栓性梗塞,穿通枝動脈はラクナ梗塞が多い。
    ・脳塞栓は心臓や頸動脈などで形成された血栓が栓子となって動脈を閉塞する。原因は心筋梗塞,頸動脈内壁の荒廃などである。好発部位は中大脳動脈領域である。
    マメ知
    アテローム性動脈硬化症=
    :大動脈および中動脈の内膜に脂質沈着が不規則に分布するのを特徴する動脈硬化。動脈腔の狭小化を起こし、最終的には線維化,石灰化する。動脈硬化症のうち一番多いタイプである。アテローム血栓性梗塞というのは、粥状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。