手術されたS状結腸の働き・便秘・下痢にならないための食生活パンフレット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,720
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    手術実習で使用したパンフレットです。
    『手術されたS状結腸の働きと便秘・下痢にならないための食生活について説明いたします。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    手術されたS状結腸部(大腸)の主な働きは便を固形化したり、肛門に送り出す役割です。
    栄養の吸収はほとんどが小腸で行われます。このため、大腸の切除によって栄養障害が起こる事はありません。
    食事は、消化吸収のよいバランスのとれた食事あるいは、よく咀嚼できる食事が好ましいですが,基本的には制限はありません。
    しかし、便を固形化したり、肛門に送り出す役割が上手く果たせない事も考えられるため、便秘(下痢)にならないために以下の点を心がけてみてはいかがでしょうか。
    便秘時にならないために
    1毎日、目覚めた時間(AM10時ごろ)に排便を試みる習慣をつける
    2適度な運動を心がける
    3処方された下剤・緩下剤を内..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。