そううつ病患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数4,355
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    躁鬱病 看護のポイント 
    Ⅰ、薬物の適正な管理と副作用の早期発見をするとともに、症状軽減の援助を行う。
    Ⅱ、栄養、排泄、保清、活動・休息などのセルフケアへの援助を行う。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、ADLの状態と移動動作の状態
    2、生活に必要な体力
    3、うつ状態
    4、躁状態
    5、使用している薬物とその効果・副作用
    6、身体症状
    ①栄養状態
    ②排泄状態
    ③睡眠状態
    1、躁鬱症状はどんな状態か
    2、使用している薬物の影響はどうか
    3、身体症状はないか
    看護診断 患者目標 ・セルフケアの不足のシンドローム
    抑うつ、静止、高揚、集中力低下、薬物治療
    ・栄養状態の変調
     摂取不十分による意欲の低下、興奮、集中力低下
    ・睡眠パターンの障害
     不安、焦燥感、活動性の亢進 ・(うつ状態の場合)心身の安静がとれ、自分で日常生活行動がとれる。
    ・(躁状態の場合)おちついて食事、排泄、保清行動が取れる。
    ・摂取量が増加する。
    ・体液・電解質データが改善する。
    ・体重が増加する。
    ・脱力感が軽減する。
    ・睡眠時間が増加する。 看護計画(うつ状態の場合) 対策 根拠および留意点 OP 1、AD..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。