子宮筋腫の患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,490
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。術前・術後に対応。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子宮筋腫 看護のポイント 
    術前
    Ⅰ、患者のなかには、良性腫瘍でも悪性腫瘍ではないかと疑いをもったり、手術に対する不安に加え、子宮を喪失することからくるさまざまな不安や同様をもつ患者がいる。このような心理をよく理解し、温かく受容的態度で接し、心身ともに最良の状態で手術に望めるように援助する。
    Ⅱ、術式による、子宮切除に伴うボディイメージの変化をどう受け止めるかは患者個々によって異なる。このため、ボディイメージの変化を受容できるように精神的支援を行うとともに、安心して社会復帰できるように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、患者家族の疾患に対する認識度、理解度
    2患者家族の子宮切除に対する反応
    3、患者の社会的状況
    4、自覚症状の有無と程度
    5、検査データ
    ①呼吸器、循環器
    ②腎・泌尿器、肝機能
    ③血液検査
    6、子宮切除術の身体変化の受け止め方
    7、社会復帰に対する反応 1、子宮切除に対する認識はどうか
    2、全身症状はどうか
    3、社会的背景はどうか
    看護診断 患者目標 ・女性生殖器喪失、疾患・手術に関連した不安 ・女性生殖器喪失への不安が軽減する。
    ・疾患・手術に体汁..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。