乳がん患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数4,017
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。術前・術後に対応。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    乳がん患者 看護のポイント 
    術前
    Ⅰ、乳房切除に対する精神的苦痛を理解し、手術受容に向けて援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、疾患や手術に対する認識
    ①検査結果や治療について
    ②医師からの説明と反応
    ③手術の必要性の理解
    ④容姿の変化に対する動揺
    2、不安の示す症状
    ①不眠、いらいら、食欲不振
    2、不安の訴え
    3、患者の背景
    ①年齢
    ②家族構成、妊娠・出産・授乳経験の有無
    4、家族の反応意
    ①家族や友人のうち支持者は誰か
    ②パートナーの理解と協力度 1、疾患や手術をどのように受け止めている
    2、どのような不安を抱いているか
    3、患者の背景はどうか
    4、家族の理解と協力が得られているか
    看護診断 患者目標 ・疾患の予後に関連した不安
    ・はじめての手術に関連した不安
    ・乳房喪失に関連した予期的悲嘆 ・現在の病気を正しく理解し、手術を受け入れる言葉が聞かれる。
    ・手術の術式、術後管理について正しく理解できる。
    ・術後合併症の予防のための訓練の理由を理化し、確実に実施できる。
    ・怒り、悲しみなど乳房喪失によって起こる感情を素直に表出できる。 看護計画 対策 根拠および留..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。