腎不全患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数6,400
ダウンロード数58
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。入院から透析導入準備期・透析導入期・透析安定期から社会復帰に分けています。アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腎不全 看護のポイント 
    入院から透析導入準備期
    Ⅰ、慢性腎不全患者では、腎機能低下に伴い、生態の内部環境が維持できなくなると透析療法に依存せざるをえなくなる。そこで、患者が治療をどのように受け止めているかを把握し、透析療法を受容できるように準備する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、腎障害の程度
    ①尿の異常の有無、量、比重、浸透圧など
    ②体重・電解質調節の異常の有無、ナトリウム、カリウム、水分、
    ③血圧の異常とその合併症
    2、既往歴
    3、日常生活の徐経
    4、腎障害に対する治療方針、治療内容
    5、患者・家族の不安 1、腎障害のメカニズムと程度はどうか
    2、腎機能低下につながる合併症はないか
    3、日常生活がどのように変化しているか
    4、実施されている治療の目標・内容を把握しちるか
    5、透析療法に適応できない因子はあるか 看護診断 患者目標 ・透析療法を行うことによるライフスタイルや役割の変化に関連した不安
    ・症状やシャント増設術に関連した安楽の変調 ・透析療法を受容できる。
    ・腎障害に伴う苦痛が緩和する。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、腎障害の程度
    ①体液・電..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。