腸重積症患児における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,308
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腸重積症患児 看護のポイント 
    Ⅰ、症状が急激に進行する疾患であることを認識し、早急な天下に家族が戸惑わないように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、発症時期、病状
    2、意識状態
    3、腸重責の既往歴
    4、風邪様症状の有無 1、発症後の経過はどうか
    2、いつもの状態と異なるか
    3、再発か、繰りかえす既往であるか
    4、風邪など他の症状を伴っているか 看護診断 患者目標 ・脱水症や腸閉塞に関連した組織循環の変調 ・循環不全の防止と早期発見できる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、全身所見
    ①頻脈、血圧時低下
    ②蒼白顔貌
    ③異常発汗
    ④意識状態の低下
    2、腹部膨満の変化
    3、血便の有無
    4、家族の理解度や行動を観察 TP 1、着衣を緩める
    2、バイタルサインの測定
    3、随時呼びかけを行う。
    4、嘔吐への対処
    5、脱水状態の把握
    6、経口摂取禁止、病状によって経鼻胃管留置
    7、病状に応じて急速輸液の開始時準備
    8、家族が行う手続きや連絡などの援助 ⇒声かけに対する反応をみることによって意識の状態を確認する。
    ⇒脱水賞の進行に伴うショックの発生を防止するため、尿量..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。