胃がん患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数6,133
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胃がん 看護のポイント 
    手術適応となる場合
    Ⅰ、入院や手術に対する不安の軽減とともに家族の精神的動揺に対する援助を行う。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、患者の不安
    2、患者の背景:既往歴、家族構成、家族暦、性格
    3、家族の疾患に対する理解 1、患者の疾患に対する理解度はどうか
    2、患者の背景と現疾患に関連する要素は何か
    3、家族の疾患や死に対する不安はあるか 看護診断 患者目標 ・疾患・手術に関連する不安 ・手術・疾患に対する不安・恐怖心が軽減する。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、患者・家屋の訴え
    2、表情・行動
    3、理解力の程度
    4、睡眠時間、睡眠の深さ
    5、食事の摂取量
    6、医療従事者への対応
    ⇒手術に備えて体力低下を防ぐために、不眠や食欲の低下を早期に発見し、原因を除去する。
    TP 1、入院生活に対するオリエンテーションの実施
    2、患者と会話の機会をもつ。
    3、家族との密接な連絡体制をつくる ⇒入院生活への不安や疑問を除去する。 EP 1、治療方針について医師の指示を受ける ⇒医師からの手術など治療方針について患者に説明することが不安の軽減につなが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。