くも膜下出血の患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,464
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    くも膜下出血 看護のポイント 
    Ⅰ、再出血や脳血管攣縮、脳浮腫のハイリスク状態にあるため、これらの徴候を早期に発見し、早期対応に向けて生命の維持を図る。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、頭蓋内圧亢進症状の有無、程度
    ①頭痛の有無、程度、経過
    ②意識障害の有無、程度、出現状況
    ③呼吸数、リズム、深さ、チアノーゼ
    ④瞳孔の大きさ・形・左右差、対抗反射
    ⑤血圧の変動
    ⑥不整脈の有無
    ⑦運動麻痺の部位と程度
    ⑧排泄障害の有無
    ⑨尿便の失禁、尿閉、便秘 1、生命の危機状態を経時的に観察しているか
    2、出血の原因とその範囲を把握しているか
    3、意識レベルはどうか
    4、呼吸・循環動態を含めた全身状態はどうか
    看護診断 患者目標 ・くも膜下出血による、脳の損傷に関連した生命の危機的状態 ・異常の早期発見、早期対応により生命維持がはかれる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、頭痛の有無、程度、経過
    2、悪心・嘔吐有無
    3、意識レベルの評価
    4、瞳孔所見の経過
    5、血圧の変動
    TP 1、指示に応じた安静度を維持する。
    2、環境調整を行う。
    3、頭痛時は指示により鎮痛薬を与薬し、がま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。