意識もうろう患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数502
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    意識朦朧患者の看護
    外界の認識が不完全な為に身の危険を防ぐ事が出来ない
    ♯患者の安全が図れる
    O-1.意識レベルの変化;呼名反応・見当識・行動
    2.前駆症状の有無;頭痛・嘔気・嘔吐・眩暈・全身倦怠感
    3.発現時の状態
    a.いつ起こったか
    b.何をしていたのか
    4.外傷の有無
    5.内服の服薬状態
    a.いつ内服したか
    b.薬の種類
    c.内服量
    6.既応歴の有無;外傷・脳卒中・てんかん・ヒステリ-・アルコ-ル依存症
    7.症状発現中の行動;徘徊・ふらつき
    T-1.症状発現後ただちに観察し意識レベル・行動は最低各勤務帯で二回は観察する
    2.危険物は除去する
    3.浴室・トイレ・デイル-ムで転倒した場合廊下へ移し、自室の場合はベットに移し柵をする
    4.VSをチェックし異常があれば医師に報告指示を受ける
    5.外傷があれば消毒処置を行う
    外界の認識が不完全なため離棟する事がある
    ♯離棟を防止し患者を保護する
    O-1.朦朧状態出現時の行動
    2.患者の所在
    3.離棟時の状況;時間・場所・方法
    T-1.随時観察し患者の所在を確認する
    2.閉鎖の場合、施錠を確実に行う
    3.離棟を発見した場合、事故発生時の手順に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。