変形性関節症における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,591
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    変形性関節症 看護のポイント 
    Ⅰ、晩期変形性関節症では、疼痛緩和を中心とした治療を行う。
    Ⅱ、筋力訓練と関節稼動域訓練を継続的に行うように援助する。
    Ⅲ、関節への負担が最小限となるように生活指導を行う。とくに体重のコントロール
    Ⅳ、自己尊重が立て以下しないように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、既往歴、外傷の有無
    2、現病歴
    3、関節の他覚的所見
    4、筋力の低下、拘縮の有無
    5、疼痛の程度
    6、鎮痛薬の使用と効果
    7、ADL障害の程度
    ①歩行距離と時間
    ②補助具使用の有無
    ③生活様式の困難度
    8、生活様式
    9、体重の変化
    10、現在の役割と今後の期待度
    11、治療への希望、手術への期待度 1、関節の障害の程度はどうか
    2、安静と運動療法の必要性の認識はあるか
    3、関節への悪影響要因はあるか
    4、自尊感情の低下はないか 看護診断 患者目標 ・運動時痛、関節稼動制限、筋力の低下に関連した身体可動性の障害
    ・加熱の変形の進行、局所のストレスに関連した疼痛
    ・食事摂取量の過剰、運動不足に関連した健康維持の変調:過体重
    ・関節の変形、不自由な生活、役割の喪失感に関連した..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。