食道がん患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,172
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    食道がん 看護のポイント 
    Ⅰ、食道がんの患者は嚥下障害から栄養状態が低下している症例が多い。根治的な治療に向けて栄養状態が改善するように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、食事摂取障害の有無、程度
    2、食事・飲み物の摂取状況
    3、栄養状態・脱水に生む
    4、検査データ
    5、嚥下障害が心身に及ぼす影響
    6、嚥下障害に対する治療の内容 1、食事を摂取する際、障害はないか
    2、食事の摂取状況はどうか
    3、低栄養状態・脱水状態をきたしていないか
    4、嚥下障害からくる不安やあせりはないか。 看護診断 患者目標 ・嚥下障害に関連した栄養摂取の変調:必要量以下
    ・嚥下障害に関連した体液量の不足
    ・低栄養に関連したセルフケア不足
    ・嚥下障害に起因する不安・あせり ・栄養状態が改善する。
    ・脱水状態が改善する。
    ・日常生活行動に対する不安がない。
    ・不安やあせりを言葉に出して表現できる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、食事摂取障害の出現状況
    2、食事摂取状況
    3、栄養状態
    4、検査データ
    5、嚥下障害が心身に及ぼす影響
    6、嚥下障害に対する治療の内容 TP 1、食事の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。