悪性リンパ腫患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数4,861
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    悪性リンパ腫患者 看護のポイント 
    Ⅰ、リンパ組織の破壊による免疫系の障害や、治療の副作用によって感染が起こりやすく、致命的になりやすい。感染の予防と、感染時は早期対処できるように十分な援助を行う。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、疾患の進行程度
    ①リンパ節の腫脹部位、広がり、硬さ、痛みの程度
    ②全身症状
    ③局所症状
    ④検査結果
    2、治療内容
    3、栄養・代謝の状態
    ①食欲不振
    ②悪心・嘔吐
    ③口内炎
    ④発熱、発汗
    4、感染予防についての認識
    5、セルフケアの状況
    6、疾患・治療に対する受け止め方
    7、家族の理解と協力の程度 1、疾患の進行の程度はどうか
    2、どのような治療が行われているか
    3、栄養状態の低下はないか
    4、感染予防に対する知識・理解度はどうか
    看護診断 患者目標 ・疾患・治療に関連した易感染 ・感染の徴候が現れない
    ・感染の徴候が早期に発見され、対処できる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、検査データ
    2、診断
    3、治療内容
    4、自覚症状
    5、バイタルサイン
    6、食事の摂取量
    7、セルフケア行動
    8、家族の理解・協力の程度 ⇒治療開始後、血液検査..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。