神経芽細胞腫患児における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数1,800
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    神経芽細胞腫患児 看護のポイント 
    Ⅰ、患児の全身状態を維持するとともに、家族に検査の説明や精神的な援助をする。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、医師の検査・治療方針
    2、環境変化に対する患児の反応
    3、医師の説明と家族の反応 1、検査・治療方針を把握しているか
    2、環境変化や検査・治療が与える治療はどうか
    3、患児・家族に精神的援助はどの程度必要か 看護診断 患者目標 ・入院による環境変化に関連した適応障害
    ・患児の入院による家族プロセスの変調 ・入院環境は適応できる。
    ・家族の不安・動揺が軽減する。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、医師の検査計画・治療方針
    2、入院への適応状況
    3、入院時の異常所見
    ①腫瘍の変化
    ②新たな病変の出現
    4、家族の反応と行動
    ①母子分離入院では面会の頻度
    ②面会時の母子関係
    ③医療従事者側への質問状況 TP 1、入院環境へ適応しやすいように援助する。
    2、身体所見の変化があれば、病的所見かどうか確認する。
    3、綿花時に患児の様子を家族に説明する。
    ①入院生活の適応状況
    ②身体状況
    ③検査処置のすすみ具合
    4、医師の説明と家族の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。