てんかん患児における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,091
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報社会発達家族分析看護問題課題学習障害

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    てんかん患児 看護のポイント 
    Ⅰ、転換発作は、軽度のものから意識消失するタイプの発作まである。発作の状態を見極めて生命の危険に曝されないように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、発作の状態
    ①前駆症状
    ②発作の型
    ③頭位、眼位、肢位の状態
    ④痙攣の時間的変化
    ⑤意識や呼吸状態
    ⑥顔色や爪のチアノーゼ
    2、発作後の状態
    ①頭痛、悪心、筋肉痛、疲労感などの有無
    ②発作の重積状態の有無
    ③損傷部位の有無
    3、服薬状況 1、発作はいつ、どのように起こったか
    2、発作後はどのような状態か 看護診断 患者目標 ・発作に伴う気道クリアランスの変調
    ・発作に伴う損傷のリスク状態 ・発作による生命の危険が生じない
    ・発作による二次的損傷が起こらない 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、発作の状態を詳細に観察する。 TP 1、発作に対する緊急処置(大発作時)
    ①静かにそっと床に寝かせ、衣服を緩める。
    ②身辺の危険物を取り除く
    ③咬舌の予防
    ④発作後のもうろう状態への対応 1、てんかん発作にもいろいろな形があり、どのような発作であるかによって、その処置が異なる。 看護のポイン..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。