重症筋無力症患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,245
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    重症筋無力症 看護のポイント 
    Ⅰ、筋の脱力感、筋の易疲労性の症状によって活動が低下する。セルフケア能力の程度を見極めて、日常生活動作を援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、筋力と易疲労性
    ①自覚症状
    ②上肢、下肢
    ③頭部
    ④体幹
    ⑤日内変動
    2、検査
    ①テンシロンテストで陽性
    ②筋電図でwaning現象
    ③血中AChR体測定
    ④胸腺の検査
    ⑤合併症の検査
    3、治療方針
    ①抗コリンエステラーゼ薬の与薬
    ②ステロイド薬や免疫抑制薬の与薬
    ③胸腺摘出術
    ④血漿交換療法 1、筋力と易疲労感の程度はどうか
    2、確定診断のための検査を把握しているか
    3、治療方針を理解できたか 看護診断 患者目標 ・脱力・疲労感によるセルフケア能力の不足 ・筋力や易疲労性の程度に応じて、日常生活動作ができる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、筋力と易疲労感の訴えを聞くとともに、症状を観察する。
    2、胸腺腫合併の有無、その他の検査結果から予後や治療方針を把握する。
    TP 1、脱力感、疲労感によって日常生活動作のできにくい部分を介助する。また、セルフケア能力が低下しないための援助も行う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。