筋萎縮性側索硬化症ALSの患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数7,953
ダウンロード数49
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    筋萎縮性側索硬化症 看護のポイント 
    Ⅰ. 四肢の運動障害に関連し、徐々に日常生活動作(ADL)が低下するため、その状態を見極めてADLを援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、筋の機能
    ①上肢の運動障害
    ②下肢の運動障害
    ③発症のしかた
    ④筋萎縮と筋力低下
    ⑤脱力感
    ⑥繊維攣縮の有無
    ⑦セルフケア能力
    2、疾患に対する患者の受け止め方
    3、サポート体制
    ①家族の疾患への知識と受け止め方
    ②療養環境
    ③社会資源の活用
    4、検査データ 1、筋の機能はどの程度障害されているか
    2、疾患をどのように受け止めているか
    3、サポート体制は十分か 看護診断 患者目標 ・身体可動性の障害
    ・セルフケア能力の障害 ・筋力低下が軽度にたもたれ、廃用性萎縮を防止できる。
    ・自分でできないADLは、サポート体制で得られる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、筋の機能を詳細に観察する。
    2、疾患に対する患者の受け止め方を把握する。
    3、サポート体制を把握する。 TP 1、廃用性筋萎縮を防止するための訓練を行う。
    2、患者がまだ自分でできる動作は、見守り、部分的に介助しながら行っても..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。