急性糸球体腎炎の患者様における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数4,005
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    急性糸球体腎炎 看護のポイント 
    Ⅰ、急性糸球体腎性では、発症初期における安静と保湿は腎の庇護のため重要である。これは予後を左右することから、その必要性を理化し、守ることができるように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、臨床症状の有無
    ①診療症状の有無と程度
    ②排尿状況
    ③血圧上昇
    ⑤検査データ
    2、先行感染症の有無と発症までの過程
    3、生活習慣
    4、安静臥床についての反応
    5、疾患についての認識
    6、治療内容の確認と患者の反応
    1、出現している臨床症状はどうか
    2、安静臥床に対する苦痛の出現はないか
    3、日常生活動作の自立状況はどうか
    4、治療内容はどうか 看護診断 患者目標 ・安静保持に関連する苦痛 ・安静や保温が保たれ、腎機能が改善する。
    ・安静が保持され、日常生活における苦痛が緩和する。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、先行感染症の有無と経過
    2、生活習慣
    3、安静臥床についての反応
    4、疾患についての認識
    5、治療内容の確認と患者の反応
    6、日常生活の確認 ⇒腎臓の負担の軽減や安静による効果を判断する。 TP 1、安静臥床
    2、安楽な体位の工..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。