胃・十二指腸潰瘍患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数7,662
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胃・十二指腸潰瘍 看護のポイント 
    Ⅰ、吐血・下血時は的確な観察とともに苦痛な緩和するための援助を行う。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、吐血、下血の発現状況
    2、前駆症状の有無と程度
    3、随伴症状の有無と程度
    4、誘因の有無と程度
    5、検査データ
    6、出血に対する治療内容、効果、副作用
    7、日常生活の状況
    8、吐血、下血に対する患者・家族の反応 1、吐血・下血の原因とメカニズムを明確にしているか
    2、心身の安静は保たれているか
    3、口腔、肛門部の清潔は保持されているか
    4、重症感を抱いていないか 看護診断 患者目標 ・出血に関連した安楽の変調 ・出血による苦痛が緩和される。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、吐血・下血の発現状況
    2、前駆症状の有無と程度
    3、随伴症状の有無と程度
    4、誘因の有無と程度
    5、検査データ
    6、出血に対する治療内容、効果、副作用
    7、日常生活の状況
    8、吐血・下血に対する患者・家族の反応 TP 1、バイタルサインの観察
    2、冷罨法(吐血の場合のみ)
    3、心身の安静
    ①床上安静とする。
    ②検査・処置を行うときは十分に説明する。
    ③吐物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。