潰瘍性大腸炎患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,753
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    潰瘍性大腸炎 看護のポイント 
    Ⅰ、腸壁における栄養素の吸収障害と、腸管の炎症に伴う苦痛による栄養状態の低下を予防する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、腸管における吸収障害の程度
    2、食事摂取量を減少させる要因の有無とその程度
    3、食事摂取状況
    4、栄養状態
    5、自覚症状の有無 1、腸管における吸収障害の程度はどうか
    2、食事摂取量を減少させる要因の有無と程度はどうか
    3、食事の摂取状況はどうか
    4、栄養状態はどうか 看護診断 患者目標 ・腸粘膜の病変による吸収障害、下痢・下血、食欲不振、悪心・嘔吐に関連した栄養状態の変調:摂取不十分 ・必要な栄養が摂取でき、栄養状態が良好に維持できる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、腸管の炎症の程度
    2、食事摂取量を減少させる要因の有無とその程度
    3、食事摂取状況
    4、栄養状態 TP 1、食事摂取量の増量を目的とする援助
    2、食事内容を工夫する。
    ①栄養価が高く消化のよい以下の食物を選択
    ②腸蠕動を亢進させ、下痢を誘発する食物を避ける。
    ③消化をよくする調理上の工夫をする。 EP 1、現在の栄養状態を説明する。
    2、栄養..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。