心室中隔欠損症患児における看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数3,779
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心室中隔欠損症患児 看護のポイント 
    心室中隔欠損症のように肺への血流量が増加している場合、気道感染に罹患しやすく重症化しやすいので、発症初期の段階で十分な気道感染の予防に努める。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、風邪様症状の有無と程度
    咽頭の発赤、咽頭通、咳嗽、鼻汁、発熱、顔面紅潮
    2、入院前の生活状況
    食事の摂取量、運動の程度、
    入浴・排泄の習慣、睡眠、衣類の着脱
    3、発育状況
    体重、慎重
    4、検査データ 1、上気道感染の有無の程度はどうか
    2、日常生活の状況はどうか
    看護診断 患者目標 ・心肺組織還流の変化に関連した感染の危険性 ・気道感染が起こらない
    ・身体の清潔が保てる 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、風邪様症状の有無と程度
    2、発熱時の随伴症状と熱型
    3、日常生活の状況
    4、検査データ TP 1、環境の変化に伴う衣類の調整
    2、清潔への援助
    3、面会者の制限
    4、栄養を保ち、体力をつける。
    5、処置・検査の説明は患児にわかる言葉で説明し、恐怖心を抱かせない。 ⇒体温調節機能が未発達なため、環境に影響されやすく変動が激しいため、皮膚、衣類、寝具などの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。