帯状疱疹患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,943
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    帯状疱疹 看護のポイント 
    Ⅰ、帯状疱疹患者は疼痛を主訴とし免疫力が低下した状態にある。行われる治療を理解し、効果的に行われるように援助するとともに、疼痛および精神的苦痛の緩和に努める。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、皮疹、水疱の状態
    2、治療内容
    ①内服薬の与薬の有無
    ②外用薬使用の有無
    ③神経ブロックの有無
    3、副作用の有無
    4、患者の精神状態
    ①訴え
    ②言動
    ③苦痛の有無 1、皮疹による疼痛の状態を把握しているか
    2、治療内容を把握しているか
    3、副作用の徴候はないか
    4、患者の訴えから精神状態を把握しているか
    看護診断 患者目標 ・神経支配慮域に沿ったウイルスの際活性化に伴う疼痛
    ・抗ウイルス薬使用に関連した副作用出現の潜在的状態
    ・皮疹の発現、疼痛に関連した不安 ・疼痛が緩和・消失する。
    ・副作用の徴候が現れない。
    ・精神状態が安定する。
    看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、皮疹、水疱の部位、程度、範囲
    2、疼痛の部位、種類、程度
    3、治療の効果、副作用の有無
    4、患者の訴え、表情、言動
    5、医療従事者への対応 TP 1、安静にし、刺激を避ける。
    2、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。