クラミジア感染症患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数297
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    クラミジア感染症 看護のポイント 
    Ⅰ、クラミジア感染症は性行為感染症であるため、感染の伝播を予防するための指導を行う。
    Ⅱ、疾患に対する受け止め方を把握し、不安の軽減に努める。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、性行為パートナー
    2、性行為における避妊法
    3、性行為感染症に対する知識
    4、疾患についての受け止め方
    ①精神状態
    ②パートナーとの関係 1、性行為パートナーが感染していないか
    2、性行為の際に感染の防御をしているか
    3、性行為感染症に対して正しい知識を持っているか
    4、疾患に対してどのような受け止め方をしているか
    看護診断 患者目標 ・疾患に関する知識不足
    ・疾患および感染経路に対する知識不足からくる半 ・再感染の予防ができる。
    ・疾患を正しく理解でき、不安が軽減する。
    看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、性行為パートナー
    2、避妊の有無、避妊法
    3、疾患に対する知識の程度
    4、精神状態
    ⇒クラミジア感染症に対する知識が正しいものであるかを把握し、パートナーについても同時に検査を受ける必要がある。 TP 1、精神的な支持、励ましを行う。
    ⇒性行為感染症で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。