肺結核患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数5,196
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肺結核患者 看護のポイント 
    Ⅰ.感染防止行動がとれるように疾患・治療に対する汰悪しい知識を提供し支援する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、病状
    ①自覚症状
    ②他覚症状
    ③検査データ
    2、抗結核薬の服用状況
    ①種類、量、方法
    ②服用に対する反応
    3、生活状況
    ①職業、役割
    ②住居
    ③家族、友人、職場などの結核患者の存在の有無
    4、周囲の人々の健康状態
    5、感染に対する理解度 1、排菌状態はどうか
    2、周囲への感染の危険性はないか 看護診断 患者目標 感染仲介のリスク状態/結核菌の排出 ・患者、周囲の人々が感染防止行動を取れる。
    ・周囲の人々が二次的感染を起こさない。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、咳嗽、喀痰の状態
    2、体温、発汗、倦怠感
    3、検査データ
    ①喀痰塗抹検査
    ②胸部X線検査
    ③赤沈
    ④CRP TP 1、感染防止対策の実施
    ①室内環境の整備
    ②看護師の手洗い、マスク、予防衣の着用
    2、抗結核薬の確実な与薬
    3、家族や接触の多い周囲の人々の健康診断 ⇒抗結核薬の服用により、3ヶ月以内に結核菌は陰性化し、感染の危険性は消失する。 EP 1、患者・家族に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。