緑内障患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数2,001
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    緑内障 看護のポイント 
    術前
    Ⅰ、患者は、失明の可能性や視機能障害の改善は難しいことを説明されており、予後などに対する不安は大きい。精神的に安定した状態で治療が受けられるように援助する。。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、不安の有無と程度
    2、患者の生活背景
    3、疾患・検査・治療に対する認識と理解
    4、緑内障の進行の程度
    ①視野障害、視力障害、頭痛、眼痛
    5、術後の経過
    6、サポートシステム 1、現在の精神状態、不安の程度はどうか
    2、不安を助長しているものはないか
    3、家族の協力の程度はどうか
    看護診断 患者目標 ・入院による環境の変化、視覚機能障害、手術に関連した不安 ・現在の気持ちを言葉で表現できる。
    ・表情が穏やかで、日常生活行動が通常と同様にできる。
    ・検査・治療に対して、前向きな言動ができる。 看護計画 対策 根拠および留意点 OP 1、不安の有無と程度
    2、患者の生活背景
    3、疾患・検査・治療に対する認識と理解
    4、緑内障の進行の程度
    ①視野障害、視力障害、頭痛、眼痛
    5、術後の経過
    6、サポートシステム ⇒患者の精神状態は日々変化する。入院時のみ着眼する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。