白内障患者様の看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,036
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    白内障 看護のポイント 
    術前
    Ⅰ、視力障害によって周囲の状況を認知しにくいのに加え、高齢者では適応能力や判断力・理解力の低下、歩行不安定などの要因によって生活に不自由を感じたり、損傷を起こしやすい状態にある。安全・安楽に過ごせるように、環境調整や日常生活の援助を行う。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、白内障の進行の程度
    ①自覚症状
    ②検査所見
    ③術後の眼帯の有無
    ④術後の視力回復の程度
    ⑤合併症の有無
    2、疾患・症状に対する認識と理解
    3、入院前の背景
    ①日常生活行動パターン
    ②性格
    ③腰痛・膝痛・その他日常生活に影響する症状の有無
    4、入院による生活への影響
    ①環境への適応状況
    ②ADLの上体
    5、サポートシステム 1、日常生活に支障はないか
    2、損傷の危険性はないか
    3、生活や安全に対する患者の認識はどうか
    4、家族の協力は得られるか
    看護診断 患者目標 ・視力障害、入院による環境の変化、安全に対する知識・自覚の決如、術後の片眼遮蔽に関連した損傷のリスク状態 ・視力障害および現状に対する正しい認識がもて、安全な行動をとることができる。
    ・視力障害による損傷などが生じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。