膵臓がん患者様における看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数2,457
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者化学障害運動管理合併治療合成変化不安

    代表キーワード

    看護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    膵臓癌患者の看護
    病態概念
    膵臓癌とは
     原因不明。60歳以上の男性に多い。膵管上皮由来の腺癌(膵管癌)が多く、腺房細胞癌が次ぐ。部位別割合は、膵頭部癌が約2/3、体尾部癌・全体癌が約1/3である。周囲臓器に直接浸潤し、リンパ行性・血行性に肝臓・肺・骨に転移する。予後は根治手術を施行し得た膵頭部癌の5年生存率は約10%(StageⅠでも約38%)である。乳頭膨大部の癌は、症状が出やすいため切除率が高い。一方、体・尾部癌は、症状に乏しく、症状が進んで疼痛などを初期症状として見つかることが多い。
    病態アセスメント
     膵臓癌はその解剖学的位置や外・内分泌機能を持つ複雑な要素から、早期発見は困難であり、また膵臓癌の持つ転移や浸潤形成特異性から他の消化器癌に比べ、治療成績の最も悪いものの一つである。  病態の進行、検査、治療方式、臨床症状に伴い、身体的苦痛が大きくADLが制限される。入院生活も長期に及び、ターミナルケアの必要性を予測しておくことも必要である。
    症状
     初期の段階は無症状である。その後「なんとなく胃の具合が悪い」等の腹部不定愁訴が続き、発生部位に応じて臨床症状が出現してくる。 ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。