肺炎の看護のポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数11,433
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPに分けて表にしています。計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。 また小児についても対応しています。実習や課題に大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    肺炎 看護のポイント
    Ⅰ.急性期には、おもに発熱と呼吸器症状が急激に出現し、さまざまな全身症状が現れる。正確な診断と早期治療のための援助を行い、苦痛の緩和をはかる。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 (1)臨床症状と苦痛の程度
    ①発熱の程度、熱型
    ②呼吸状態、呼吸数、呼吸困難の有無
    ③咳そうの有無と程度
    ④喀痰の有無と色・性状・量
    ⑤胸背部痛の有無と程度
    (2)血液データ
    CRP、白血球、動脈血ガス分析
    (3)胸部理学的所見
    (4)胸部X線写真
    (5)微生物学的検査所見
    (6)治療
    ①安静度
    ②薬物予薬について
    ③酸素吸入の有無
    (7)患者背景
    ①慢性呼吸疾患の既往の有無
    ②社会的・家族的背景
    (8)患者の認識
    ①安静に対する理解
    ②疾病・治療に対する理解
    小児
    ・発熱の随伴症状の有無と程度
    不機嫌、食欲低下、嘔吐、下痢、脱水、尿量の減少、頭痛、倦怠感、痙攣など
    ・咳嗽の随伴症状の有無と程度
    喘鳴、不眠、呼吸困難など
    ・呼吸困難の随伴症状の有無と程度
    脈拍、血圧、体温の変化、チアノーゼ、胸内苦悶、意識障害、鼓腸など (1)肺炎の程度はどうか
     呼吸器症状を主として、全身的に症状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。