腰椎椎間板ヘルニア患者の看護のポイント

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数3,971
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    看護のポイント・OP/TP/EPなどの資料です。
    アセスメントの視点・看護診断や実習記録で使える患者目標・看護計画のOP/TP/EPを使い、表にしています。急性期・手術療法・回復期に分けていて、計画の根拠や留意点についても書いているので突然、指導者に聞かれても大丈夫でしょう。 また小児についても対応しています。実習や課題と大変ですが頑張ってくださいね★

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    腰椎椎間板ヘルニア 看護のポイント 
    急性期
    Ⅰ、腰痛、下肢痛など激しい疼痛としびれなどの症状は患者にとって、もっとも苦痛である。安静を保持し、保存療法が効果的に行われるように援助する。
    Ⅱ、ヘルニアのさらなる脱出によって、疼痛、知覚・運動障害、麻痺、膀胱直腸障害などの症状の進行を起こす危険性があるため、十分観察する。
    Ⅲ、疼痛、運動障害、安静の必要性から、日常生活行動が制限される。環境の整備、日常生活行動への適切な援助により、患者のニーズを満たすように指示する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、発症の契機・経過
    2、頭痛・下肢痛の有無、姿勢・運動障害、知覚異常の部位、程度
    3、下肢進展挙上テスト、大腿周囲径、Bragard徴候、Turgn徴候、大腿神経進展テスト、筋力テストなど
    4、日常生活の状況
    5、治療
    ①安静度
    ②骨盤牽引
    ③薬物療法
    6、患者の背景
    ①年齢、職業
    ②体重
    7、X線検査
    8、患者の疾患に対する認識 1、痛みの起こり方はどうか
    2、日常生活に支障をきたしていないか
    3、事故の危険性はないか
    4、症状は軽減しているか 看護診断 患者目標 ・椎間板の変形..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。