妊娠中毒症に対する看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,011
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アセスメントの視点や看護計画TP OP EPなどの資料となっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    妊娠中毒症をきたした妊婦の看護過程 看護のポイント 
    Ⅰ、妊娠中毒症の現在の程度を把握し、症状が改善でき、正期産となるように援助する。
    Ⅱ、家庭を離れての入院となるため、家族のことなど、身体的・精神的不安が強い。精神的不安を軽減し、安静療養が遅れるように援助する。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、妊娠中毒症の程度の把握
    2、妊娠経過
    3、減塩食の実施状況
    4、胎児の発育状況
    5、家庭における生活状況
    6、入院後ん精神的状態
    1、血圧上昇、浮腫、頭痛、肩こりはないか
    2、貧血はないか
    3、十分な栄養摂取ができているか
    4、児の発育状況はどうか
    5、家庭での生活状況はどうか、また、夫..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。