産婦に対する看護計画

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数2,946
ダウンロード数30
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    アセスメントの視点や看護計画TP OP EPなどの資料となっています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    産婦 看護のポイント 
    Ⅰ、分娩は生理的現象であるが、常に生理的状態から逸脱しやすい状況にある。したがって、母子ともに正常な分娩経過をたどることができるように、以上の予防、早期発見に努める。
    分娩第一期
    Ⅱ、分娩第1期は子宮口が開大する時期で時間が長く、苦痛も伴うため、産婦の心理を理解し、疲労の予防や苦痛の緩和をはかるとともに、分娩に対する不安の軽減に努める。 アセスメント 必要な情報 情報分析の視点 1、妊婦のプロフィール
    ①氏名、年齢、住所、職業、学歴、身長
    ②婚姻歴、家族構成
    ③既往妊娠歴、既往歴、家族歴
    ④アレルギー、退室
    ⑤性格、印象など
    2、妊娠経過
    ①最終月経、月経歴、分娩予定日、妊娠週数
    ②体重、子宮底長、腹囲、血圧、浮腫、その他の随伴症状
    ③児心音、胎動、胎位
    ④分泌物
    3、検査データ
    4、乳房の発育と母乳への心構え
    5、日常生活のすごし方
    睡眠、食事、排泄、運動と仕事、口腔衛生、食事、外出、喫煙と酒
    6、異常徴候
    ①悪阻症状
    ②出血
    ③妊娠中毒症
    ④貧血症状
    ⑤静脈瘤
    1、妊婦の全般的状況に問題はないか
    2、妊娠経過は順調か、異常はないか
    3、合併症や感染症の徴候は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。