肝硬変・食道静脈瘤 アセスメント・看護計画ケアプラン ゴードン

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数2,778
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ゴードンの「機能面からみた11の健康パターン」を使用してアセスメントしました。
    アセスメントから、看護問題の抽出を行い看護の方向性・看護計画(ケアプラン)も導きだしています。59歳女性

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゴードン「機能面からみた11の健康パターン」に基づくアセスメント
    関連するデータ 解釈・分析 結論 栄養―代謝
    1.入院前の食事内容
    ①摂取パターン
    ・3回/日
    ・主に家
    ②間食
    …ほとんどしないが果物をたまに食べる。
    ③偏食
    ・甘いものは好まない
    ・油ものを食べることはない
    ④嗜好品
    酸味・塩味のあるもの
    ⑤食事の形態
    ・おもゆ
    ・レトルト食品
    ⑥「普通の人の一口分のご飯をおもゆにした感じ。形のあるものはここ1年くらいは食べていない。」(11/9)
    2.栄養摂取量
    ①一日の摂取内容
    ・11/3~6までは禁食
    ・11/6昼から流動食開始
    ・11/7昼から3分粥
    ・11/8昼から5分粥
    ・11/9昼から7分粥
    ・11/10昼から禁食
    ・11/16昼から3分粥
    ②摂取量
    …ほぼ全量摂取
    <栄養状態>
     A.Aさんの栄養状態を体格からみていくと、2-②~④から標準範囲内にあることがいえる。一日の摂取内容をみると、3-①・②・④より食事形態が変更してもほぼ全量摂取することができている。今回は食道静脈瘤の破裂が原因で入院となったため、段階的に食事形態を上げているところである。肝性脳症と栄養補給..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。