【母性看護】正常分娩の全身復古 等 看護計画ケアプラン

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数2,812
ダウンロード数47
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    # 正常分娩に関連した順調な全身復古の過程
        期待される結果       看護介入        理論的根拠 1、退院まで産褥過程に応じたバイタルサインの安定が見られる
    2、子宮底の高さ、硬度が産褥日数相当である。
    ①退院(産褥5日目)までに子宮底が恥骨結合上縁9cm、臍下5横指に下降する。
    ②子宮底が硬く触れる。
    3、悪露が正常な経過をたどる。
      ①悪露が排泄され量が減少していき、血性から褐色へ移行する。
      ②悪露中に凝血がみられず、胎盤片や卵膜が混入しない。
      ③悪露から悪臭がしない。
      ④1時間に40g以上の排出が起こらない。
      ⑤入院中悪露の交換が正しく行える。
    4、母乳栄養が継続できる。
    5、会陰部切開の創の癒着状態が良好となる。
      ①分娩後3日以内で会陰部の腫脹が消失する。
      ②切開創が産褥5日目までにほぼ治癒する。
      ③発赤、疼痛といった創傷の治癒障害を示す症状が出現しない。
      ④適切な器具を用いながら起座位を保つことができる。
      ⑤体に疲労感を示す様子が見られない。
    6、排便が産褥3日目までに行える。
    7、1500ml以上の排尿が見られ、尿の貯..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。