ケアプラン順調な子宮外生活への適応段階

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,556
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    #  順調な子宮外生活への適応段階(新生児)
      期待される結果      看護介入     理論的根拠 1、体温が36.5~37.5℃で安定する。
    2、呼吸が40~50回/分で呼吸音左右差なし、異常呼吸、努力呼吸なし、リズム整で安定する。
    3、心拍数120~160回/分でチアノーゼなし、心雑音なしで安定する。
    4、血圧60~90/30~50mmHgで安定する。
    5、黄疸が生理的範囲内で、生後5~7日に消失する。
    6、体重減少が生理的範囲内(10%以内)である。
    7、褐色ないし緑色した移行便となる。
    8、元気にてい泣し、活気がある。
    9、原始反射が見られる
    10、へその感染を起こさない
    11、へそ処置を行うことができ、児を清潔に保てる
    12、感染兆候(発熱、ひどい泣き、活気がないなど)があらわれない
    13、児の健康な状態はどのようなときかを理解することができる。
    14, 安全安楽な育児行動が取れる。
     ・正しい抱き方、沐浴、おむつ交換、授乳、衣服の着脱、感染、予防、保温ができる。
    ・保育環境を整えることができる
    ・児の生理的変化について知識を持ち異常の早期発見が O-P
    1、体温、四肢..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。