【精神看護学】実習前の事前レポ-ト

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数318
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料に関する説明及び紹介文句を入力してください。
    (検索、露出及び販売にお役立ちます)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       精神看護学実習事前学習
    精神分裂病について(治療方法も含む)
    躁うつ病について(治療方法も含む)
    入院形式について(任意入院・医療保護入院・措置入院etc.)
    隔離・身体拘束について
    精神障害者が活用できる社会資源について
                                 
    精神分裂病について(治療法も含む)
       精神分裂病は発症頻度からみても最も重要な精神疾患である。発症頻度は一般人口の0.7~0.8%であり、精神病院の入院患者の60~70%を占めている。
     E.クレペリンが早発痴呆と呼び、若年における発病と特有な人格変化とを重要な特徴としたが、のち、E.ブロイラーは発病が必ずしも早期ではないこと、症状の特徴が思考障害(連合弛緩)にあることなどから精神分裂病という病名を提唱し、一般に用いられるようになった。
    -原因-
    精神分裂病の真の原因はまだ不明であり、遺伝は、血友病・色盲などのように決定的なものではなく、発現を左右する因子が多く存在する。副次的因子として身体疾患、妊娠・分娩などの生理的変化がある。近年は脳内モノアミン、特にドーパミンの異常が推定されている。一方、従..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。