レポ 隔離拘束 2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数152
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    隔離拘束

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「隔離・身体拘束時の看護(法的根拠を含む)」
    1、法的根拠
     精神保健及び精神障害者福祉に関する法律
    第36条 
    1 精神科病院の管理者は、入院中の者につき、その医療又は保護に欠くことのできない限度において、その行動について必要な制限を行うことができる。
    2 精神科病院の管理者は、前項の規定にかかわらず、信書の発受の制限、都道府県その他の行政機関の職員との面会の制限その他の行動の制限であって、厚生労働大臣があらかじめ社会保障審議会の意見を聴いて定める行動の制限については、これを行うことができない。
    3 第1項の規定による行動の制限のうち、厚生労働大臣があらかじめ公衆衛生審議会の意見を聴いて定める患者の隔離その他の行動の制限は、指定医が必要と認める場合でなければ行うことができない。
    厚生省告示第130号
    第3 患者の隔離について
    1 基本的な考え方
    (1) 患者の隔離(以下「隔離」という)は、患者の症状からみて、本人又は周囲の者に危険が及ぶ可能性が著しく高く、隔離以外の方法ではその危険を回避することが著しく困難であると判断される場合に、その危険を最小限に減らし、患者本人の医療又は保護を図..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。