事前レポ 胆管、膵がん

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数495
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    胆管がん
    胆管がんとは胆管によって肝管がん、上部胆管がん、中部胆管がん、下部胆管がん、に分類され、左右肝管合流部付近を占拠するがん腫は肝門部胆管がんとよばれる。
    50歳以上の男性に多い。発生部位は左右肝管がん、上部胆管がんを含めた肝門部胆管がんが約50%を占め、ついで下部胆管がん、中部胆管がんの順に多い。
    胆石症との関連性は認められないとされる。膵胆管合流異常では先天性胆管拡張症を伴う例が多く、胆管がんの合併する頻度(約5%)が高い。
    病理
    肉眼所見から乳頭型、結節型、平坦型に分けられ、されに割面の壁内浸潤様式から膨張型と浸潤型に細分される。結節浸潤型が約半数を占める。組織型はほとんどが乳頭状あるいは管状腺がんで、分化型が多い。胆管は粘膜に続く線維筋層および外膜よりなる非常に薄い管腔臓器で、用意で胆管壁外にがん腫が浸潤しやすい。深達度が粘膜(m)が線維筋層(fm)にとどまるものを早期胆管がんとする。
    症状
     進行性の黄疸に腹痛や食欲不振など消化器不定愁訴を伴う場合が多い。黄疸は乳頭型や浸潤型では一次的に軽快し、消長を繰り返すこともある。中部・下部胆管がんでは、胆管閉塞による胆汁うっ滞の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。