誤嚥性肺炎症例 アセスメント ゴードン

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数2,073
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    ゴードンの「機能面からみた11の健康パターン」を使用してアセスメントしました。 91歳 女性 

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ゴードン「機能面からみた11の健康パターン」に基づくアセスメント
      関連するデータ    解 釈 ・ 分 析  結 論 <コーピング・ストレス耐性パターン>
    Sデータ
    1、「早く家に帰りたい。」
    2、「娘に会いたい。あそこに(ナースステーション)さっき居た。」
    3、「楽しみは子どもが大きくなること。もう高校生くらい。」
    4、「ピカちゃん、ピカちゃん」
    Оデータ
    待たされる時間が長いことで、患者は疲れている様子がある。(ため息を漏らす)
    家族に会えないことを強く訴えている。
    91歳、認知症あり。
    ベッド上に居る際、遠くのほうを見て娘の名前を呼ぶ様子あり。(ピカちゃん)
    5、周囲に気を使う性格。
    Sの1、2、3、4、Оの1、2、3、4、5より、
    患者にとって入院自体が少なからストレスとなっていると考えられる。気を使う性格であり、ケアに対して感謝の気持ちと同時に精神負担もたまってきているとうかがえる。患者が感情表出、ストレスを軽減できるような援助方法を考えていくことも大切と考える。また、家族の中でも、娘を一番近しい人と感じているようであり、一人で居るときに娘の名前を呼んでいる様子からもうか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。